こんな痛みの方に

膝関節症について

当院は膝関節症専門のクリニックになります。

膝関節とは大腿骨と脛骨を結合する部分ですが、骨と骨の間にはクッションの役割をしている軟骨があり、それが歩く・走る・座るなどのスムーズな運動を可能としています。
膝関節症は何らかの影響で、膝関節の軟骨がすり減って動きが悪くなり炎症や痛みを起こし、運動がしにくくなる/できなくなることをいいます。

ここでは膝関節症の中から、特に多い変形性膝関節症と、それ以外の膝の痛みの原因、症状を紹介します。
ご自分の膝に違和感や痛みがありましたらご参考ください。

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝関節の形や軟骨に異常が起こり、膝関節が変形し軟骨が磨耗してしまう病気です。加齢による摩耗、老化によるホルモンの変化など様々な原因が考えられます。
中高年(50代以上)に圧倒的に多く、特に男性よりも女性に多いのが特徴です。

原因

肥満、加齢、過剰な運動などによる膝関節へ過度な負担が原因です。
膝関節への負担に軟骨が耐えられなくなり傷んでしまうと、それを修復するために炎症が起きます、それが常態化することで、痛み、腫れ、水が溜まってしまいます。

症状

軽度の状態ですと動作始めに痛みがありますが、症状が悪化すると動作中ずっと痛みが収まらず、歩行が難しくなります。

  • 痛みで正座ができない
  • 膝に水がたまる
  • 膝が腫れる
  • 骨が変形してO脚になる
  • 動かしにくい

一般的な治療法

  • 内服液
  • 外用薬
  • ヒアルロン酸の注射
  • リハビリテーション
  • 関節鏡手術、高位脛骨骨切り術、人工膝関節置換術

その他の膝の痛み

膝は骨、軟骨、靭帯、腱、関節包など様々な組織によって構成されている複雑な部位です。そんな複雑な部位で人間の体重を毎日のように受け止めています。
したがって、運動などによる衝撃、バランスが崩れた歩き方や姿勢などを続けてゆくことで、膝の軟骨を損傷してしまい、炎症が現れてしまうことも多いです。

原因

免疫の異常により、自分自身の細胞を攻撃してしまい、それが炎症を起こしてしまいます。

症状

  • 膝が腫れる
  • 膝に違和感があり曲げにくくなる
  • 歩くときに痛みがある
  • 膝に熱を持つ

これまでの治療法

  • 消炎鎮痛薬
  • 膝サポーターの着用
  • グルコサミン服用
  • ヒアルロン酸注射

当センターの膝関節症治療法

これまでの治療法とは違い、生命の再生能力を利用した治療です。
GLC上清液、もしくはPure-PRPを膝に注射するだけの短時間で痛みが少ない施術ですので、生活の中で無理することなく、かつ高い効果が望める治療が可能です。